こんにちは。GSEのyohsitoです。

今回は初めて銃を所持して猟をしようとしたらどのぐらい予算が必要なのか書こうと思います。ブログを始めた当初から書こうと思っていたのに随分遅くなりました。

※この記事は細かい手続きより費用のことをあげている記事です。
銃猟をやっていくうえでどの程度費用が発生するのか。どの程度予算を確保する必要があるのかの参考になればと思います。

猟銃で狩猟をする場合の費用
これは銃代金等を含まない金額です。

・所持許可手続き
手続き用顔写真\600
本籍地記載の住民票\200
身分証明書\200
診断書\5000(病院により価格が違います。3か月有効)
初心者講習\6,800
射撃教習認定申請\8,900
猟銃用火薬類等譲受許可\2400
射撃教習 約\40,000(射撃場により異なります)
教習弾代約\4,000
所持許可申請\10,500(同時に複数丁申請すると一丁あたりの価格は少しお得になる。)
小計\78,600(空気銃のみの場合射撃教習が不要なため\23,300)

・狩猟免許
第一種講習会\4000(第二種は\3000)
受験料\5200
手続き用顔写真\600
診断書\5000(所持許可証を先に持っていればそのコピーで代用可能です。このため先に所持許可を取った方が少し割安になります。)
小計\14800

・狩猟登録
一都道府県で第一種狩猟、猟友会所属の場合
約\43,000

所持許可と狩猟免許・狩猟登録の合計\136,400
空気銃のみの場合は教習不要のため合計\81,100

狩猟ができる資格を取るだけで上記の費用がかかります。

次に次年度以降のランニングコスト。
狩猟登録約\43,000/1年(空気銃のみの場合もう少し安い)
技能講習約\12,300/最長3年(有効期間1年、免許更新時に必要)(\4,100/1年)
狩猟免許更新\2,900/3年 (約\1,000/1年)
経験者講習\3,000/3年(有効期間3年、免許更新時に必要)(\1,000/1年)
所持許可更新\7,200+診断書\5,000=12,200/3年 (約\4,100/1年)
実包譲受許可\2,400/最長1年(空気銃のみの場合不要)
合計\55,600/1年
これに弾代、その他消耗品が加わります。
有害駆除をされている方は補助があったりします。
駆除で報酬も出ますね(報酬金額は自治体により異なります)

許可申請時にはガンロッカー、装弾ロッカー(空気銃のみの場合不要)が必要です。新品だとガンロッカー3~5万円前後(サイズによる)、装弾ロッカー1万円前後。ガンロッカーの構造は銃刀法に適合していないといけないため必ずガンロッカーとして売られているものを買いましょう。
銃は新銃でそろえるのか、中古で揃えるのか、知人から譲ってもらうのかで全く変わってきますので試算するのはなかなか難しいです。
当店で始める方はが10~30万円程度の方が多い気がします。
それぞれの最低価格はおおよそ下記のとおりです。
■新銃
上下二連散弾銃 30万円~
自動散弾銃 20万円~
スライド式散弾銃 15万円~
プリチャージ空気銃 20万円~

■中古
上下二連散弾銃 10万円~
自動散弾銃 10万円前後~
スライド式散弾銃 10万円前後~
プリチャージ空気銃 10万円前後~ (中古空気銃は数が少なく、ほぼ品切れ状態です)

銃猟を始めたけど思っていたよりお金がかかるから銃を手放すというのが一番もったいないと思いますので、ご参考になればと思います。
ご閲覧ありがとうございました。