こんにちは。yoshitoです。
ご無沙汰しておりました。
久々に更新します。

先日展示会でDaystateとBrocockの新モデルが発表されました。
メーカーの製造も追いついていないようで全てをこちらで販売するのはまだかかりそうです。

注文していたものの一部が届きました。
ウルバリンに電子レギュレータを加え、サイドレバーとなった新モデル。

RED WOLF
手元に届いたのはレッドウルフ販売記念の限定モデルのシリーズロッソ。
logo


限定モデルの違いとしてはストックカラーが大きな特徴です。
ロッソは画像の通り赤と灰のラミネートですが、通常のRED WOLFは普通の木の色です。
専用のハードケースが付属しています。
シュラウドはカーボンファイバーが使用されています。

口径は6.35mm。メーカー発表パワー50ft/lbs。
サイズや重量はウルバリンと同等。
サムホールではなく通常のライフルストック形状ですね。
一充填の弾数や安定感と引き換えにウルバリンより威力は落ちているようです。

先日試射に行ってきました。
JSB KING
H&N baracuda
JSB KING HEAVYを試してみましたが、
JSB KING HEAVY>JSB KING>H&N baracudaの順で集弾が良かったです。
(メーカー推奨はbaracudaだったのに。あてにならないな)
50m10発集弾はこんな感じ
aaa
2インチの的です。ペレットは無選別です。
一発は跳んでしまいましたがなかなか。
弾速を一通り計測しました。
250~140BAR(100発程度)でMAX816MIN798でした。
140BARを切ったところから弾速が下がり始め、125BARから着弾にドロップが起きました(125BAR時、弾速は774ft/sでした)。

予想外に弾数が撃てたため100mをやろうとしたら弾がなくなってしまうという事態に陥りました。

正直こんなに撃てても意味は無いと思うんですが、140BARまで安定しているというのはボンベの都合上、嬉しいところです。180気圧からスタートしても40発近く撃てます。

チークを上下できるのもいいですね。オープンサイトで使う機会がないことを考えると今後どのメーカーも付けていくのではないでしょうか。

この限定モデルは世界で200丁の限定生産。
日本には3丁入荷することができました。口径は6.35mmのみです。